スポンサーリンク
食べ物

新潟県長岡市「杜々の森」のそば&天ぷら。まあまあ美味い。水は美味しい。

山古志にいった関連で、新潟県長岡市にある杜々の森名水公園(とどのもり)に行ってきた。 住所は長岡市だけど、杜々の森があるのは栃尾と呼ばれる地域。ここは元は独立した市でその後合併された場所。栃尾市は山古志に隣接していて、どっちもけっこうな山の中である。長岡は山側にあるこの2つの地域をどちらも合併した...
ドラマ

マインドハンター シーズン2の感想。いよいよ面白くなってきました。

マインドハンターシーズン2。 相変わらずおもしろいよ。ほぼ一気観してしまった。 エピソード数は9話で話数はまえより少ない。ちょっと長めのエピソードなんかもあるけど、もうちょっと楽しんでいたかった。 凶悪犯のインタビュー、メインとなる連続殺人犯、そこに主人公たちのドラマが加わるという構成はほぼ同...
食べ物

「レストラン多菜田」で山古志村の山菜料理。天ぷらが美味しい店。

山古志村。新潟県の長岡市の山の中にあって、自然豊かな環境が楽しめる田舎の集落。 2004年の中越地震でここも甚大な被害を受けて、土砂崩れやそれに伴う水害で多くの家屋が倒壊、水没。また地域が世界に誇る産業である錦鯉の養殖でも、8割以上の鯉が死ぬなど壊滅的な状況でした。村自体も孤立状態になり、村民の安...
映画

リメイク版「サスペリア」の感想。オリジナルとは別物。独自要素をどう捉えるかで評価がかなり分かれそう。

熱狂的なファンをもつカルト映画「サスペリア」のリメイク。かなり難しいチャレンジであるとは予想できるけど、果たして出来栄えは。監督は最近活躍中のルカ・グァダニーノ。新しい「蝿の王」のリメイクも彼が監督するということですが。 見る前は、音楽がトム・ヨークとかで結構期待していたんですが、まあちょっと期待...
小説、本

傑作映画の原作、「ピクニック・アット・ハンギングロック」の感想。

大ヒットした映画「ピクニックatハンギング・ロック」。これは昔見て、輸入盤DVDを買ってしまうくらい気に入っていた。内容は結構忘れてしまったけど。 幻想的な雰囲気が素敵なピーター・ウィアーの出世作、映画「ピクニックatハンギング・ロック」 夢幻的な映像美と、事件が解決しないままにどんどん出来事が...
小説、本

殺人教師による児童のいじめ。しかし、全て嘘でした。「でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相」の感想。

福岡で起きた、教師による児童のいじめ。少年はひどいいじめを受け、あげくに死ねと言われ自殺未遂までし、PTSDを発症して閉鎖病棟に入院。マスコミでも広く報道され、「殺人教師」としてその行状が紹介された教師は停職6ヶ月の処分を受ける。そしていじめをうけた児童の両親が福岡市と教師を相手取って民事訴訟を起こ...
買ったもの

カット式のコーヒーグラインダーを買いました。ボンマックのBM-250M。ちょっと高いけど、自宅で豆を挽くならブレード式はやめてこれにするべき。

以前、ラッセルホブスのコーヒーグラインダー7660Jを紹介しました。ほぼ毎日使っていて、まあ愛用していたのですが。 このたび、別のカット式のコーヒーグラインダーを購入してその違いに驚きました。 正直いって、以前のコーヒーグラインダーはおもちゃみたいなもんだったということがわかりました。ブレード式...
食べ物

絶滅しそうなうなぎの代用食、うな次郎を食べてください。美味しいよ。

環境省がうなぎはなるべく予約して大事に食べましょう、といった趣旨のツイートをしたら、絶滅しかけてるうなぎを食べよとは何事だという抗議が相次いでツイートを消去したらしい。 大事に食えといっただけで、積極的に食えとは言っていないのだし、別にそれくらいいいじゃんと思う。こんなツイートにケチをつける人もど...
小説、本

「亡命ロシア料理」。そこはかとなくユーモラスなエッセイ集。実用的でもあります。

いろんな国の料理が、和風のものから本格的なものまでいろいろ食べられる日本ですが、ロシア料理はなかでも馴染みがないほうだと思う。ボルシチとかピロシキとかは多くの人が知っている。でも、知ってるけど実際に食べたことはない、という人もたくさんいることでしょう。 わたしもろくに食べたことがありません。そして...
小説、本

小松英雄「徒然草抜書 表現解析の方法」の感想。文献学的手法で今までの杜撰な解釈を一新する可能性。

学校の古文の教科書には必ず出てきて、だれもが冒頭くらいは知っている「徒然草」。 それを文献学的アプローチから解析してみようというのが小松英雄「徒然草抜書」。これは過去に出版された単行本を下敷きに、そうとう加筆修正して文庫化したものだそうです。講談社学術文庫で出ています。 この本では、解釈について...
スポンサーリンク