グレッグ・イーガン「ゼンデギ」の感想。

グレッグ・イーガンのSF小説。

イーガンと言えばハードSF。しかも、超ハードなやつ、というのが大勢の意見のよう。

たしかに、ハードSFだと思う。しかし、ハードSFという呼び方は、ある種の人を非常に惹きつける一方、敬遠してしまう人も沢山産み出す、もったいない面ももっている。

本格推理とか新本格もそうかもしれない。ただ、本格推理なんかは、好き嫌いを別にすれば取っつきにくさはそれほどでもないと思う。密室殺人なんかもマジックみたいな物で、最後には謎が解き明かされるので分からないと言うことはない。しかしハードSFというと、めんどくさくて読んでも理解できないのでは、という印象がつきまとう。

スポンサーリンク

まずイーガンについて。

SF小説をあまり読んだことのなかったわたしがイーガンを読んでいたった結論は、

多くの場合、ハードSFが難解というのは誤解で、ハードSFというのは要するにもっともらしさの度合いがその他のSFより高い、というそれだけの意味に過ぎない。

難解なハードSFもあるかもしれないが、難解な小説はハードSFに限らない。ハードSF=難解というのは単なる誤解。

ということだった。

わたしは数学とか物理とかまったくわからず、SFもあまりよんだことがなかったけど、ある日突然SFも面白いのではと思って、本屋さんでイーガンの「宇宙消失」を読んだ。それから「順列都市」「万物理論」「ディアスポラ」その他短編などを読んで、イーガンには多少難解な部分もあるかも知れないが、その難解さは本質ではないし、そういう食わず嫌いで読まずにいるのがもったいない面白さがある、と思った。本気でわからないやつもあるが、ここにあげた4作はだいたい理解可能だと思う。

結局、テクノロジーがテーマなんじゃなくて、それによってあぶり出される人間性とか、個性とは何かといった問題が主題になってくるみたいですね。

いや、「ディアスポラ」は登場人物のほとんどが非人間だから人間性ではないか。ま、人みたいなものだ。主人公のヤチマ君が、自分はなぜ存在するのか、とかだれもが疑問に思う問いに、長い長い旅の果てに一つの結論を見いだすラストシーンには、胸を打たれた。

聖書とかが宗教から始まる人間性の追求だとすると、こういうSF小説はまったく逆の方向から人間性にアプローチするもので、こっちのほうが地に足がついていて取っつきやすいという人も多いと思う。発祥はデカルトとかになるんだろうか。

どっちにしろ、イーガンのSFは「人とは」、みたいな大雑把に文学というくくりに入るテーマだと思うので、そういうのに興味があって、しかしSFは苦手と言って読んでない人は、絶対に損をしている。

遠未来ではなく近未来ものです。

イーガンはかなり遠い未来の話も、わりと近い、近未来のものもかいているけど、この「ゼンデギ」は長編のなかではもっとも現代に近い話だと思う。なにしろプロローグは2007年、第1章の舞台は2012年のイランで、すでに過去になっている。その後の話もそこから10年ちょっとくらいしか経っていない。

ネタのひとつはVR(ヴァーチャル・リアリティ)で、PS4とかオキュラス(Oculus)とか最近ようやく実用化されつつあるものを先取りしていて、その辺の感覚はいつもながら早いなあと思う。

小説中にもVRゲームの場面がいくつかでてくる。内容は、ロールプレイングゲームのちょっとしたミニクエストみたいな、どっかにいって○○をとってこい、見たいな他愛もないものだけど、迫真のリアリティを誇るVR空間にあるとその世界にいるだけで楽しいようだ。

もうひとつ、もっと大事なネタは人格の、電子媒体へのコピー。これはイーガンの小説では、というかそれに限らずおおくのSFで当たり前のようになっている技術だけど、「ゼンデギ」ではそれはまだ実用化にはほど遠く、ようやくそれが実現するかもしれない、という入り口にたった当たりのお話。

人格の複製というネタがおおきな部分を占めるんだけど、とある父子の境遇を絡めて割とストレートな親子の愛情を描いてもいる。そして、なんというのか結局は完全な理解、客観視などあり得ない、「他人から見た場合の」自分、という問題が提示されている、と思う。

よくわからないんだけど。

「宇宙消失」みたいな、宇宙が消える!といったSF的ハッタリもないし、ハードボイルド調のサスペンスもないし、冒頭のイランの政治でもは少し取っつきにくいのですが、面白いんです。

まあ、よくわからないので、とりあえずあらすじを書くので興味があるかどうか読んでみてください。

以下はネタバレを含むあらすじと感想の走り書きです。

あらすじ

VRゲーム市場で競合他社との競争に苦しんでいたゼンデギの技術面を指揮する科学者ナシムは、キャプランという富豪の援助によって、サイドローディングという技術を実現した。これは被験者に特定の作業をさせ、その間の脳の活動を測定し、同時にそれをゼンデギ内のプロキシ(=仮想人格=今のゲームで言うNPC、botみたいなもの)に焼き付けることで、被験者の一部をプロキシにコピーすることができる、というもの。

プロキシはナシムが過去の研究から個人的に作り上げていたもので、多くの被験者の脳MRIとかから人工的に構成された限定的な仮想の脳(ニューラルネットワーク)であり、初期状態では行動もなにもプログラムされていない、まっさらな状態。

そこに基本的な語彙や記憶、ゲームごとに対応する反応を組み込んでいくことで、ゼンデギ内のNPC(プロキシ)を作り上げていく。

サイドローディングを使うことで、プロキシに手作業で?決められた反応をプログラムしていくかわりに、より広汎な状況に対処できる、比較的リアルな人間の反応を、比較的簡単に組み込むことができる。複数人のサイドロードを合成することもできるし、プロキシはいくらでもコピーできる。

ナシムはこの技術を利用して有名サッカー選手の登場するゲームをヒットさせた。

一方、もう一人の主人公マーティンは事故で妻を失い、さらに自分も肝臓ガンで、転移していることを知る。まだ幼い息子は、自分が死んだら友人のオマールの元で育てられることになるが、マーティンにはオマールの一部の差別的な言動やなにかがどうしても気になり、どうしてもオマールに息子を任せきることができない。「ゼンデギ」の技術を知った彼は死後も息子の手助けになれるよう、「ゼンデギ」に自分の人格をコピーしたプロキシを残そうと決心する。

相談をうけたナシムは、プロキシそのものも、サイドローディングも、極めて不完全なものであると説明した上で、マーティンの要求を受入れる。

プロキシをなるべくほんものの自分に近づけるべく、臓器移植手術日ぎりぎりまで何度もサイドローディングを繰り返すマーティン。最終日に彼はプロキシの最終チェックのため、自分が息子役となってゼンデギに入り、マーティンのプロキシと対面する・・・。

このあともすこし続くんですけどね。

結局のところ、人格のクローンに意味はあるのか。

結局、クローン作成は失敗する。しかし、マーティンが懸念していたオマールとの問題は、オマールとしっかり話し合うだけで、いとも簡単に解決してしまう。さらに、息子は自分が死んでしまっても、やっていけるだろう、とマーティンは納得する。

結局、マーティンのプロキシ大作戦はほぼ無意味であった、ということになる。

皮肉なのは、マーティン自身、それをうすうす分かっていたはずなのに、という点。マーティン自身が、妻のマフヌーシュが事故で亡くなったあとも、常に身近にマフヌーシュの存在を感じ、面影を感じ、その言動を見聞きしていた。つまり、亡くなった妻はプロキシなんかにコピーせずとも、マーティンの心の中には確かに存在していた。そして、その存在は何かにつけてマーティンの力になっていた。

だとすれば、息子にとってのマーティンも同じことではないのか。

母の死後、息子は母と父がオーストラリアで旅行中にとったような記念写真を好んで見ていた。この写真そのものが、息子にとっては亡き母を蘇らせるよすがになっていたのでは。

そしたら、プロキシなんていらないじゃん、ということになる。結局はプロキシは不完全なものだし、人はそれなしでも、前に進んでいくしかない、という。

人格コピーの是非についてはこの小説では判断が保留されている。ナシム自身、思い出としての故人の存在感というのは分かっていた上で、より強固な存在としてプロキシが役に立つかもしれない、という思いから、不完全を承知でマーティンのサイドローディングを実施していた。

結局マーティンの試みは失敗におわったし、その未熟な技術が悪用される可能性もある。しかし、完全な人格コピーによって、よりより未来が開けるという期待は失われていない。

まあ、イーガンのもっと未来が舞台の小説では人格コピーはもう当たり前の技術となっているので、イーガン自身としては「ゼンデギ」で書かれているような過渡期はやがて過ぎ去ると考えているのではないでしょうか。

個人的にはマーティンと息子、オマールの最後のやりとりあたりがもっとも面白く感じましたが、サイドローディングされたマーティンの仮想人格の最後もなかなか記憶に残る面があります。その辺が同列に書かれているのがイーガンのこの小説の面白いところでもあるのかな。