この宇宙はポストヒューマンによるシミュレーション世界である可能性がほぼ確実である。というシミュレーション仮説の入門書。

この世界は誰が創造したのか。それは、人類より上位に位置する超越的存在で、私達がすむこの宇宙はかれらの手になるシミュレーションの世界なのでした。

というシミュレーション仮説を解説した本。哲学者のニック・ボストロムが代表的な提唱者で、テスラのイーロン・マスクも支持している。ニック・ボストロムによると、シミュレーション仮説が正しい可能性はほぼ100%だということです。

グレッグ・イーガンの「順列都市」を思い出すなあ。イーガンの傑作の一つだと思うけど、あれはまさにシミュレーションの中に一つの宇宙を作り出すというお話だった。そしてその宇宙に誕生した生命体からの干渉…。読んでるときはシミュレーション仮説に関連するとは思いもしなかったけど。

スポンサーリンク

人の意識はシミュレーション可能か。

シミュレーション仮説がなりたつ前提として、まず人間の意識がシミュレート可能である必要がある。

いまは人の意識は脳内の電気信号のやりとりに付随して発生しているという説がけっこう有力なので、意識がシミュレート可能であるという推測はまあなりたつのではないかと思います。

そもそも意識とはなにか、というのは計算可能かどうかとは別のまた面白く興味深い問題なのですが、そのへんは「あなたの知らない脳」という本がものすごく面白いのでおすすめです。あと「ファスト&スロー」も。そもそも意識というのが、脳の活動に伴って生まれる後付けのものでしかないのではないか。人がなにか行動を起こすとき、実際の行動の一瞬前に、すでにその動作を司る脳の部分が活性化しているのは確認された事実です。

意識の存在は別にして、脳の実態はそこでやり取りされる電気信号にあり、それを機械的にシミュレートすることは十分に可能だと思う。

人類史をシミュレーションすることは計算能力的に可能か。

では次に、人の脳が理論的にはシミュレート可能だとして、それを実現するためには強力なマシンが必要になる。さらに、人の脳だけではなく世界全体となると途方も無く強力なマシンが必要になる。

この本では宇宙のシミュレーションにどれくらいの馬力のコンピューターがいるのかという計算例を紹介してくれる。

もっとも負荷が高いのが人間の脳のシミュレートだとして、シナプスの数なんかから計算して、人の脳が1秒間に行う計算をざっくり10京回とする。人の一生をこれまたざっくり50年とすると、3000万秒(1年の秒数)×50×10京が、人の一生の計算量になる。

今現在いきている人間と、これまでに存在した人間の総数を1000億人とすると、

  • 1000億×50×3000万×10京

これがこれまでの人類史をシミュレーションするのに必要な計算数ということになる。これは100京×100京に相当するということで、これを日本のスーパーコンピューター「京」を使って計算すると、だいたい3兆年かかる。

ここでムーアの法則。コンピューターの進歩は凄まじく、指数関数的に性能が向上している。「京」もすでに古いスパコンで、「富岳」はすでに「京」の100倍の性能に達している。ということは300億年ですむってこと。そして、その調子でコンピューターの性能向上が進めば、22世紀の半ばには上記の人類史のシミュレーションを秒速で行えるマシンが出現するはず。

この世界がシミュレーションである証拠。

ボストロム教授の、技術的にこの宇宙レベルのシミュレーションが可能になっている世界を想定すると、シミュレーションの数は無数にあり、それぞれに70億人の人類が住んでいるとするとこの世界がシミュレーションである可能性のほうが圧倒的に高いという無茶苦茶な理論は好きです。

それから、この世界がシミュレーションである傍証がいくつか紹介されるけどそれはまああんまり説得力ないと思う。決定的なものではない。

並行宇宙とか泡宇宙とかの仮説も、シミュレーション仮説と競合するものではないし、シミュレーションではない、という積極的な証拠もないんだけど。

ここで紹介されている中で面白いのは、またちょっと脱線するけどホログラフィック理論。

情報をある領域に詰め込んでいくと、詰め込める限界の情報量は、その領域の体積ではなく表面積に比例するという奇妙な事実があります。これは理論的に証明されているそうです。そこからうまれるのがホログラフィック理論で、興味深い理論です。

宇宙のすべてを情報という尺度で考えるのはとてもおもしろい考え方で、「宇宙を復号(デコード)する」という本が大変おもしろくおすすめです。ブラックホール=超高密度の情報の集まりとか、ブラックホール=理論的に最大速度のコンピュータみたいな話が出てきたと思います。

宇宙を復号する―量子情報理論が解読する、宇宙という驚くべき暗号
早川書房
¥875(2020/08/30 00:14時点)
チャールズ・サイフェの本はどれもだいたい面白い。

シミュレーションの目的はなにか。

この世界がシミュレーションだとすると、だれがなんのためにシミュレーションを行っているのか。そこまで考察しているのが面白い。

目的はポストヒューマンの利益に資するため、としか言いようがないんだけど、あるシナリオを設定して特定の状況下での行動パターン、文明パターンをモデル化するためのものシミュレーションの場合、そのシミュレーション世界はシナリオ終了と同時に即座に終了となる。

しかしこの宇宙のように、ビッグバンから始まって知的生命体が誕生し、やがて電子機器を製造するくらいのテクノロジーを築き上げる文明が生まれるまでのシミュレーションとなると、そのシミュレーション文明の発展そのものがポストヒューマンの文明を発展させるヒントになりうる。

そうした目的のシミュレーションの場合、ヒントとなりうる宇宙は無数にあったほうがいいので同じようなシミュレーション世界がたくさんある可能性が高く、またそうしたシミュレーションはいつまでも文明が発展し続けるほど参考になるので、途中で打ち切られる可能性は低い。

とか、面白い考察が紹介されます。それが正しいか判断する方法はないので、あくまでも哲学的推論にすぎないんですが。

まとめ

ほかにもいろんな話題があって、各章が関連しながらシミュレーション仮説にまつわる話が紹介されます。読みやすく面白いので、シミュレーション仮説に興味がある人には入り口としておすすめです。ウィキペディアとかをみるとさらに突っ込んだ論文なんかが紹介されていてより詳しく知りたくなります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました