「再現女優」を続けることで本格的な女優になれるのだろうか。

先日の「マツコの知らない世界」という番組で「再現女優」の世界を紹介し、再現女優が二人出演していた。再現女優とは、テレビ番組の中の再現VTRとか再現ドラマへの出演をほぼ専門にしている女優のことらしい。ちょっと興味があったのでみてみた。

しかし、いきなりおかしいのが、再現女優のギャラは非常に安いと言うことで具体的な金額がでていたが、若い方の女優(芳野さん)は月に3万円、年配の人(依子さん)でも月に5万円くらいだそうだ。

いくら安いとはいえ、これは本当なんだろうか。話を盛り過ぎなんじゃないの?新人の場合は1現場につき8,000円で、それが事務所と折半になることもある、ということだが、そうだとすると3万円稼ぐには月に8回、出演する必要がある。出演していた芳野さんは若手ではないだろうから、もう少しもらっているはずだ。それで3万円てことは、はっきり言って仕事がないにひとしいのでは。たしかに、仕事がない月もあるとは言っていた。1回で3万円ならまだわかるんだけど。

だいたい住んでいる部屋の家賃が5.1万円という時点ですでに赤字。さらに、多くの現場では衣装は自前で用意しなければならないそうだ。

再現女優以外の仕事をしているはずだが、それが所属している事務所からもらっている別の仕事なのか、それとも役者とは関係ない仕事なのか。どっちにしろ、なかなか困難な道を歩んでいるように見える。

ギャラが少ないのは役者個人がどうのこうのいえることではなく、恐らく倍率の高い分野だと思うので仕事がもらえるだけありがたいような業界なのかも知れないが、それにしても専業でもう少し生活できそうなレベルの金は払えないんだろうか。この辺は事務所と依頼主の交渉になるんだろうけど、事務所の力に関係なくどこも横並びだとすると、バラエティ番組の製作は役者を搾取するのが前提で成り立っているのかもしれない。それとも、現場のギャラとは別に事務所から給料をもらっているのか?

でも、プロの役者を使うんだから、1回につき最低2万円くらいを役者の取り分にするのが当たり前なんじゃないか。だいたい職人さんでもふつう日当16,000円くらいから計算すると思うんだけど。

まあ、普通に考えたら再現VTRに出演するのは素人に毛が生えた程度の、まだまだ修行中の若手の俳優ばかりで、それだから破格のギャラが通用するんだろう。だとしたら、いつまでも再現VTRに出続けるのは、そこから先に進めていないと言うことなのかも知れない。

芳野さんは将来本格的な女優になるのが目標と言っていた。しかし、それなら再現女優はやめたほうがいいのでは・・・。

再現女優は現場で当日刷り上がった台本を渡され、決められた時間で決められた役をこなさなければならない。細部にも拘らず、ぞんざいな付けホクロやわかりやすいメイクで見た目を役にあわせる。それは、求められているものが「型」でしかないので、当然と言えば当然だ。深みのある演技ではなく、だれがみてもすぐに分かる典型的なキャラクターが求められる。それは、むしろコントをやる漫才師とかお笑いの人に近い。

それも演技ではあるけれど、芳野さんが目指している本格的な役者に通じているのかどうか。再現ドラマを続けるほど、イロモノというレッテルが貼られて他の役に使われづらくなるような気がする。本当の役者を目指すのなら、今の事務所を辞めて別の事務所なり劇団に入ったほうが可能性があるのではないか。無名塾とか。

スポンサーリンク